■今日の宿

安宿間違いなしですが、3ヶ月分のデータともなれば結構貴重ではないかと・・・。
 

 

 
4/12 Day1
4/13 Day2
4/14 Day3
4/15 Day4

Sorry! No Image...
パノラマホテル(4星!!) Hotel Cubuk(チュブック) Pension Nasso Pension Nasso
イスタンブール・アタチュルク空港の側のホテル。高い上に設備は最悪・・・。 一泊1500万トルコリラ(約1200円)と安い上に、マルマリスの港の側でとっても便利。でもシャワーは水。。 一泊10ユーロのドミトリー。日本人の男性とシェアだった。しかし汚い!シーツくらいきれいなの欲しい・・・ 引き続きNassoで。日本人のおじさまがチェックアウトしたので、今日はシングルユースです。

4/16 Day5
4/17 Day6
4/18 Day7
4/19 Day8
Pension Nasso ユースホステル ユースホステル ユースホステル
3泊目。この遺跡の裏にある。タツノオトシゴ広場から徒歩1分と、立地条件はいいのですが・・・! イラクリオンのユースホステル。何かと評判のよろしくないところ。6ベットの部屋をシングルユースで。一泊13ユーロ。 シャワーがぬるいというか冷たい。熱いシャワーを出発以来浴びていない・・・。正直、とても寒い。。 相変わらずシャワー冷たい・・・。隣の物音も自分の部屋のように聞こえるし、トイレ鍵がかからないし・・・。安ければいいという人以外にはススメません。

4/20 Day9
4/21 Day10
4/22 Day11
4/23 Day12
Hotel Athina Hotel Athina Georgios Totis Blue Star Ferryの船内
シャワー・トイレ共同で、一泊15ユーロ!久々に清潔な宿へ来ました・・・。景色も最高、長居したくなります。おじさん・おばさんも親切。オススメ!いわゆる日本のペンションみたいなカンジ。 本当に清潔で居心地の良いところ。ここに泊まらなければ、「ギリシアの宿はほこりだらけ&トイレの鍵は閉まらない」が常識になるところだった・・・。お湯も出ます(涙)。
1階が雑貨屋さん。ウズラやオウムがいっぱいいます。2階の二部屋を貸しています。20ユーロ。この時期、安宿はほとんどお休みしていた。 とってもきれいなフェリー。広々としたパブリックスペースがたくさんあり、カフェテラスやディスコなど大にぎわい。ベットは50ユーロもするのが難点。床で寝ました。

4/24 Day13
4/25 Day14
4/26 Day15
4/27 Day16

Sorry, No Image...
Hotel ADRIA Hotel ADRIA 夜行列車 Agola Hostel
三つ星ですが、駅のすぐ側でとてもキレイなホテル。スタッフもみんな親切です!このホテルはオススメです! もう一泊したかったのですが、シングルは一杯とのこと。ちなみに一泊朝食付きで50ユーロ。私にしては大奮発です!! バーリ発22:04、レッジョ・ディ・カラーブリア着5:55。夜行なのにベッド無し。ですが、足を延ばしてイスを引き出せば私のようなチビスケは熟睡できます! カターニアのメインスクェア、ピアッツァ・ドーモのすぐ近くにあるホステル。スタッフはみんばフレンドリーです。一泊17ユーロのドミトリー。(朝食付き)

4/28 Day17
4/29 Day18
4/30 Day19
5/1 Day20
Agola Hostel Agola Hostel Agola Hostel B&B delle Palme
本当に親切なスタッフばかり。設備はフツーの安宿ですが、いろんな相談にのってくれます。コーヒーも常に用意してあり、LANにも参加させてくれるので本当にありがたい。 シャワーは夜浴びたい私ですが、夜は熱いお湯が出たためしがないので、朝に浴びています・・・。ドミトリーは一部屋10ベット、男女別。 立地条件が良く、使い勝手が良かったので4泊もしてしまいました。常にインターネットにつなげることが出来たのが、最大の魅力です。 えぇ・・、こんなところに宿が!?みたいなB&Bですが、親切なマリオおじさんと、ナットがもてなしてくれます。フルーツやジュース、コーヒーに食材など、あるものは何でも使ってヨシという太っ腹な宿!一泊シャワールーム付き朝食込みで30ユーロ。

5/2 Day21
5/3 Day22
5/4 Day23
5/5 Day24
B&B delle Palme B&B delle Palme Hotel Cortese Hotel Cortese
外見はちっともB&Bに見えません。団地の中にあるので、夜遅くまで子供たちの声がうるさいのが難点。早朝6時から工事するし・・・。中心からも遠いので、ちょっと苦労します。 オーナーのマリオはとてもいい人で、毎日バス停まで送ってくれました。トラパーニの塩田ツアーもやってくれて、近くのダチョウファームにも連れて行ってくれました! 市場の広がるバラッロ広場のすぐ側。メインストリートである、クアトロ・カンティからも300mくらいで立地条件良し。ただし、夜は相当治安が悪そうなので、夜の出歩きは厳禁。  部屋はシャワー・トイレ共同で30ユーロ(朝食無)。この都会でこの値段ならかなりのオトク感。シャワー室などもとてもキレイ、部屋も静かで居心地良し。インターネットタダだし!!

5/6 Day25
5/7 Day26
5/8 Day27
5/9 Day28
ハイベルニアハウス La Vallette Resort La Vallette Resort La Vallette Resort
繁華街・スリーマにあるユースホステル。非会員で2.9ML。ちょっとわかりにくいところにある。 サン・ジュリアンにあるキッチン付きコンドミニアムにステイです!!1泊11.4ML(約3700円)。暮らすように滞在できます。海まですぐ! キッチン、バスタブ・トイレ、ロッカー、デスク、テーブル、ソファ、テレビ、テラスが付いたツインの部屋。もちろん調理器具も。 誰もいない、夕暮れのプールサイド。泳ぐベストシーズンは5月からなのです!

5/10 Day29
5/11 Day30
5/12 Day31
5/13 Day32
La Vallette Resort La Vallette Resort Hotel Sole Hotel Sole
広々としたプールサイドにはバーとレストランが併設。近くにはスーパーが2軒あるので、部屋に食べに戻っても良し。 結局計5泊もしちゃいました・・・。最終日はプールサイドでのんびりできて、まさに夢のリゾートライフ満喫! 街の中心に位置していて、移動にも非常に便利。かわいらしい気の利いたホテルです。一泊30ユーロ。(シングル、シャワー付き) こんなかわいい談話室もあります。一階にはゲスト専用のレストランがあって充実しています。

5/14 Day33
5/15 Day34
5/16 Day35
5/17 Day36
Casa della Giovane Casa della Giovane Casa della Giovane Casa della Giovane
カトリック組織の運営で、女性のみのユースホステル。ドミトリー一泊13ユーロ。何でも高い北部では大助かり。 門限は23:00だから?みなさん、とっても就寝時間が早く、この4日間は毎日22:30には寝ていました・・・。ロッカーなどがないのが残念。 ヴェローナにはインターネットカフェが全然なくて、4日間ほとんどアクセスできず、HPの更新も滞ってましたが、メールだけなら宿のマシンでも可能です。 規則はいろいろありますが、しずかで清潔な宿でした。メインのエルベ広場までも3分ほどと、立地条件もなかなか良いです。

5/18 Day37
5/19 Day38
5/20 Day39
5/21 Day40
ATAHOTEL QUARK ATAHOTEL QUARK Hotel Barchetta Excelsior Hotel Barchetta Excelsior 
な、何と今日から4つ星ですぅ〜!!母が合流したため、デラックスなホテルに滞在。(T_T ミラノの郊外なので、町歩きなどには向いていませんが、静かなホテルでした。 コモの街のメインに位置するホテル。目の前がバス停、船乗り場で、駅もすぐそば。観光には超便利です。 部屋からの眺め。湖が見えて美しいのですが、夜は騒音がちょっと気になりました。


5/22 Day41
5/23 Day42
5/24 Day43
5/25 Day44
Il Castelluccio Il Castelluccio Locanda la Corte Locanda la Corte
フィレンツェ郊外にある、アグリツーリズモの宿。とってもステキな若夫婦とおばあちゃんがお世話をしてくれます。 全部で5室のこぢんまりとした宿で、朝は鳥の声で目覚めます!緑の中のテラスで取る朝食は最高! 運河に面するロカンダ(写真の中央右、白い建物)。ロカンダはB&Bの宿を意味します。何百年の歴史がある古い館を改築したもの。 中庭のお花がとってもきれい。朝食を取ったり、ここでブログの原稿を書いたり。観光客の多いヴェネツィアの、静かな地域に属します。

5/26 Day45
5/27 Day46
5/28 Day47
5/29 Day48
Sorry, No Image...
Locanda la Corte M Hotel Grand Hotel BONAVIA Hotel Plitvice
調度品はクラシックにまとめられていて、落ち着きます。電話回線が弱々しかったのが難点・・・。 リュブリャーナは宿の数が少ないのか、どのホテルも一杯。今回はちょっと離れたところにある大きめのホテルへ宿泊。 慣れない左ハンドル、右側通行と長時間のドライブでくったくたに。インフォメーションが開いていなかったので、目に付いたこのホテルへ宿泊。 プリトヴィッツェにある3軒のホテルの内の一軒。セミスイートの部屋しかなかったのですが結構安くて大満足。連泊したかったけど予約できず、一日のみの滞在。

5/30 Day49
5/31 Day50
6/1 Day51
6/2 Day52
Sorry, No Image...
Hotel Jezero Hotel Concordia  -- Hotel Piran
プリトヴィッツェで一番大きなホテル。運良く一番上の階に宿泊できたので、森の向こうにエメラルド色の湖水を見ることが出来ました! 旧市街、砦のすぐ横に位置するホテル。場所は良いのですが最上階の部屋はちびっこの私でも狭いくらい。しかもエレベーターなし。。 旧市街を出てすぐ横にあるホテル。シービューのバルコニーから見る夕日は最高。すぐ近くのシーフードレストランも最高。 ピランの旧市街にあるホテルで、 街の中心からすぐ、目の前は海。スロヴェニア最西端だけあって、こちらも夕日が美しい。

6/3 Day53
6/4 Day54
6/5 Day55
6/6 Day56
Vila Bred ユーロナイト車内
ブレッド湖畔の森にひっそりとたたずむ、チトーの元別荘を改築したホテル。その美しさ、静けさ、どれを取っても最高。ぜひともレイクビューで! 母をチューリッヒへ送るため、スロヴェニアからユーロナイトで移動。リュブリャーナ20:35発、チューリッヒ着8:20。寝台を予約したらキャビン丸ごと二人で使えたので、ゆっくりとくつろげた。 しまった、名前を失念。チューリッヒ中央駅から徒歩8分、近くてとても便利。部屋は狭いが、階下のイタリアンレストランはおいしいし、スタッフも親切。朝食もおいしかった。 母をチューリッヒの空港へ送るため、前日にシャトルバスを申し込んだ。ホテルの前まで迎えに来てくれて便利。他に、ツアーの手配なども行っている。

6/7 Day57
6/8 Day58
6/9 Day59
6/10 Day60
ヴェストエンド・シティ・ホステル ヴェストエンド・シティ・ホステル  ヴェストエンド・シティ・ホステル  Hotel Extol Inn
ウィーン西駅から徒歩4分、の立地条件に惹かれて。でも1時間近く迷い、到着したのは夜中。とほほ・・・。 男女混合のドミトリーで、各部屋にシャワー・トイレ併設で清潔。朝食込みで18.4ユーロ。 インターネットコーナーもあるけどフロッピーがさせないので使わなかった。広々とした談話室もある。 3星ホテルの部分と、バストイレ共同のユースホステル部分と二つに分かれているinn。清潔で居心地がよいホステル。 

6/11 Day61
6/12 Day62
6/13 Day63
6/14 Day64

Sorry, No Image...
Hotel Extol Inn Hotel Extol Inn Hotel Extol Inn ブダペスト行きの夜行
バス・トイレは3室で一つを共有。シングルで一泊朝食付き790kn(約3600円)。 トラムの駅が近いのですが、トラムは複雑で分かりにくいので、いつも近くの地下鉄までトラムで行って乗り換えてました。 結局4泊してしまった・・・。朝食が充実していて、毎日楽しめた。キッチンもあるみたいだったが鍵がかかっていたので使わなかった。 この列車、最終的には2日かけてブカレストまで行くらしい。今までないほど寝心地の悪い寝台列車。真夜中と早朝にパスポートチェックがある。

6/15 Day65
6/16 Day66
6/17 Day67
6/18 Day68
ギゼラさんのアパート ギゼラさんのアパート ギゼラさんのアパート ギゼラさんのアパート
二つの温泉まで徒歩3分という、ブダ側にあるアパートを借りる。キッチンがあるので便利!徒歩一分圏内にスーパー、地下鉄、銀行、ネットカフェがある。 メインの寝室の他に、ロフトと階段下にもベッドが。最大5人で使用できるようです。4泊で100ユーロ。 ベッドルームにある居間部分のソファもベッドになりそう。テレビは衛星放送も入るので、CNNもBBCもばっちり。 キッチンには食器などももちろんあるので、自炊には困りません。セキュリティーもしっかりしていて、アパートの入口はオートロック、ドアも窓も鉄格子付き。

6/19 Day69
6/20 Day70
6/21 Day71
6/22 Day72
Anna Panzio ブダペスト->ブラショフ エマニラのアパート ARO SPORT Hotel
温泉湖の街・ヘヴィーズの中心地から歩いて3分。一泊25ユーロ。(この辺りの三つ星は80ユーロもする。)清潔で立地良し、15:00まで部屋を使わせて貰いました。 23:00ブダペスト発の夜行に乗ってブラショフへ。ところがストライキのため、7:00〜11:00まで列車は全く動かず。とほほ。 駅で客引きされてそのまま借りることにしたアパート。街の中心・黒の教会が目の前と立地は良いが、少々値段が高い。20ユーロ。もちろんシングル使用。 エマニラのアパートが高いのでこちらへお引っ越し。バス・トイレ共同ですが、部屋の中には洗面所もあってなかなか快適。

6/23 Day73
6/24 Day74
6/25 Day75
6/26 Day76
ARO SPORT Hotel Hotel Tanti Hotel Andy Hotel Andy
町中にあるので、夜の散策なども大丈夫。難を言えばシャワールームの窓にカーテンなどがなく丸見え(だと思われる)なのがちょっと・・・。一泊11ユーロ。 町一番のホテル、ホテルパラス前にある二つ星ホテル。一泊800万レイ(3000円くらい)。ちょっと予算オーバーですが、久々のお風呂を満喫します! 国際線と国内線のほとんどが到着する、ブカレスト・ノルド駅の目の前。一泊2000円弱と立地条件の割にはめっちゃ安いがオンボロ。 私のダイッキライな虫が出たため、もう安宿には泊まらない!と覚悟を決めた。。テレビは衛星も入り、日本のアニメがルーマニア語でやってました。ポケモンに和む・・・。

6/27 Day77
6/28 Day78
6/29 Day79
6/30 Day80
Pensiunea Nufarul Pensiunea Nufarul Hotel Tpakata Hotel Tpakata
クリスチャンのポートステーションから約1km。私以外お客はいなかった!でもみんな親切。1泊3食付きで5000円くらい。 お部屋は清潔、ドナウビュー。ペンションの裏には豚、牛、鶏がいて、暇なときは彼らに遊んでもらった。安らぎのひととき。 街の中心からバスで15分、ビーチリゾートのゴールデンサンドと街の間にあるホテル。一泊30ユーロ。 久々の近代的できれいなホテル。道路沿いにあってバス停目の前で便利だが、海がちょっと離れているのが残念。 

7/1 Day81
7/2 Day82
7/3 Day83
7/4 Day84
Hotel Etar Hostel Hostel リラの僧院
裏がバスの発着所で、ソフィアに行くにはとても便利。ユースが一杯だったため、ここに宿泊。一泊40Lv。 ソフィアの目抜き通り、マリア・ルイザ通りをちょっと入ったところにあるホステル。Hostel以外の名前を見ていない・・・。 6ベットの部屋が9、4ベットが10ユーロ。中は清潔で居心地がいい。 宿泊客が夕方まで私一人だったのでかなりドキドキした。リラの僧院の雰囲気を楽しみたいなら泊りがお勧め。一泊30LV。

7/5 Day85
7/6 Day86
7/7 Day87
7/8 Day88
ソフィアー>イスタンブール Askin Hotel Askin Hotel Askin Hotel
6時間遅れの、夜中の1時に出発した寝台列車。二等のコンパートメントが一人で使えたので楽でした。 スルタンアフメット(ブルーモスク)とアヤソフィアの間の道を抜けたところにある、こぢんまりとしたホテル。 スルタンアフメット地区には博物館が集中しており、非常に観光に便利な場所。部屋は小さいけど清潔。 朝食会場であるホテルの屋上から。すぐ間近にスルタンアフメットの壮麗な姿が。

7/9 Day89
7/10 Day90
7/11 Day91
7/12 Day92

Sorry, No Image...

Sorry, No Image...
Askin Hotel Askin Hotel 機内泊 自宅
朝食会場であるホテルの屋上から。目の前にはボスフォラス海峡が広がる、最高の立地。 シングルユースで一泊30ユーロ(現金払)。海の見える部屋がいいとダダをこねたら、同じ料金で見える部屋にしてくれた。 ついに成田行きのトルコ航空へエンバーク! なんて自分の部屋は落ち着くのかしら・・・。蒸した空気までが懐かしく、身体に優しい。


リアルタイム旅日記・トップページへ

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと