■今日のイチオシ!食べモノ

その日その日においしいモノにありつけるかどうか分かりませんが、
その土地の名物や一番おいしかったモノ、ヘンテコな食べ物などをご紹介します★

 

4/12 Day1
4/13 Day2
4/14 Day3
4/15 Day4

Sorry! No Image...
機内食につき、イチオシではありません・・・。 トルコと言えばカバブ!トマトソースとガーリックのソースで。 ロドス島のスーパーにて。オリーブオイルだけの一角があるなんて、豪快!! ギリシアのファストフードと言えばギロス!今日はチキンのギロスです。

4/16 Day5
4/17 Day6
4/18 Day7
4/19 Day8
イカの唐揚げ、カラマリア。アツアツにレモンをかけて頂く。 フェリーに持ち込んだ食料。中でもスタッフドトマト&ピーマンの缶詰はいけてた! 手作りサンドイッチを、朝誰もいないクノッソス宮殿でいただく。至福。 ギリシアコーヒーなるもの。トルココーヒーと同じで、粉を沈ませてから上澄みをのむ。

4/20 Day9
4/21 Day10
4/22 Day11
4/23 Day12

Sorry! No Image...
今日はホントのイチオシです。「ムサカ」はポテト、ナス、ミートソースを重ねて焼いたモノ。絶品!! 名物料理・ドルマーデス。ゴハンに挽肉・野菜を加え、ブドウの葉っぱでくるんで煮たモノ。酸味が利いておいしい!  ようやくホンモノを食べられました!スタッフドトマトとピーマン。中にはご飯が詰まっています。  パンとポテトチップスで済ませた本日。お粗末すぎる。。 

4/24 Day13
4/25 Day14
4/26 Day15
4/27 Day16
すばらしいイタリア料理に舌鼓。写真は前菜ですが、どれもこれもハズレ無し。さすがイタリア、ブラヴォー! アルベロベッロで出会った、マリアおばさんの手料理。本当においしい!アンティチョークとポテト、アスパラをチーズと卵でとじ、オーブンで焼いたモノ。絶品!  菜の花とアンチョビのオレキエッテ。菜の花を外国で食したのは初めて。たぶん、この苦みのおいしさが分かるのは日本人とイタリア人のみ!!絶品!!ほんとにセンスがいいよね! 街角で売っているサンドイッチなどもハズレなし。ホントにおいしいのです。写真はカプチーノとシチリア名物・ライスコロッケ。コロッケにはチーズとトマトが入っていてこれまた、うまい〜!

4/28 Day17
4/29 Day18
4/30 Day19
5/1 Day20
朝市が立っているあたりは、夜になると屋台が出ていい匂い!ステーキや特大ソーセージを炭火で焼いてくれます。ステーキをパンに挟んだもので2.5ユーロ!大満足です。 またまた屋台です。だってバスを降りると、ジュージューやっているんだもの・・・。結局、3日間も通ってしまいました。豚のネギ巻も、トローリとしたチーズ入りソーセージも、何もかもおいしい! 生ウニのパスタを、タオルミーナの絶景レストランで。めずらしく、セレブちっくなランチでした! 「日曜は何もかも休み」なトラパーニ。レストランも休み、スーパーも休み。宿の冷蔵庫にある材料を頂き、トマトとツナのバジリコスパゲッティを作りました。

5/2 Day21
5/3 Day22
5/4 Day23
5/5 Day24
飲み物はアーモンドミルク。この辺りの名産品で、杏仁豆腐のジュース版??さわやかでおいしい!クッキーは中にリコッタチーズがたっぷり、外はさくさく。これが昼食でなければおいしく食べられたのでしょうけど(涙) この地方の名物、ブリオッシュ(コッペパンみたいな丸いパン)のジェラートサンド。っていうか、サンドし切れてません、スゴイ量!!イタリアでは昼食をくいっぱぐれるとジェラートしか食べられません。。これもまた昼食でした・・・。  またまた食いっぱぐれた私を優しく迎えてくれたのは、中華料理屋さん!!久々のチャーハン、豚とタケノコ・椎茸の炒め物にほっと一息・・・。中華万歳!! 遺跡観光の途中で一息。写真は、シチリア名物のグラニータ。果汁を使ったシャーベットというよりは、かき氷に近い。レモンにはまっている今日このごろ。

5/6 Day25
5/7 Day26
5/8 Day27
5/9 Day28

Sorry! No Image...
初めておめにかかる、マルタ料理。とにかく一皿にどかっと盛っている、それがマルタ料理らしい(笑)。 今日は終日自炊。写真はスーパーで見かけたサニーレタス。カップに植わったまま出荷されるようです。シチリアと大違いで、売っている野菜の大半が腐ってる!さすが島国、輸入が大変なんだろうな・・・。 マルタのお菓子、ハニーリングス。中には果物のピールが入ったココア生地、外は普通のクッキー生地。あまり甘くなくておいしいけど、巨大なんです!!   自炊につき、ネタなし。

5/10 Day29
5/11 Day30
5/12 Day31
5/13 Day32

Sorry! No Image...
自炊につき、ネタなし。 アッシジのジェラテリアにはかわいらしく洗練されたお菓子がいっぱい!甘いモノはほとんど食べない私も、思わず買っちゃいました。 心も体も温まる、野菜たっぷりのミネストローネです。久々の温野菜に大満足。でも量が多い。これで前菜だもんな・・・。 イタリア中部はお肉がおいしいのです!今日はポークチョップとソーセージ。味付けもお肉も最高!!

5/14 Day33
5/15 Day34
5/16 Day37
5/17 Day38
ブラ広場の一角にあったセルフサービスのレストランで。幅広いパスタ(トリアテッレ)と野菜のバーベキュー。 ヴェローナで毎日朝食を食べに通ったカフェで。巨大ティラミス!!20人前です!! 実は恥ずかしながら、日々のチーズに嫌気がさし、ヴェローナでの3日間、夕食は中華を食べてしまいました・・・。写真は辛くてすっぱいスープ。う、うまい・・・。 毎日食べた中で一番おいしかったのはコレ!鶏肉とキクラゲ、それにタケノコの炒め物。ご飯がすすみます〜!ごめんなさい、イタ飯でなくて。。

5/18 Day39
5/19 Day40
5/20 Day41
5/21 Day42
すいません、感動したモノと重複してますが・・・、本日母と共に日本食が合流しまして、心ゆくまで堪能しました!めっちゃおいしい。。 魚介類や野菜のマリネがたっぷりと入ったサラダ。生のバジルがおいしい一品でした。 野菜と魚介の入ったリゾット。チーズがとろ〜りと入っていておいしい!! ヴィッラ・デステのランチ。写真はシーフードのサラダです。撮影するのにかなりの度胸がいりました(^^
値段は書くのもおそろしいのでやめておきますね★ 


5/22 Day41
5/23 Day42
5/24 Day43
5/25 Day44
フィレンツェをはじめとする、中部イタリアは生ハムの産地。いろんな種類の生ハムがあって、ホントにおいしい! フィレンツェのこれも代表料理、パンのおかゆ。パンをトマトソースで、野菜などと一緒に煮込んだもの。 ヴェネツィアといえばシーフード!アサリをトマトベースのソースで煮込んだもの。 日本人にもなじみのある、イカやタコ、エビのフライ。あつあつに塩・胡椒、レモンをかけて。

5/26 Day45
5/27 Day46
5/28 Day47
5/29 Day48
ヴェネツィア最後の夜は中華!リアルト橋の側にあり、久々のアジアの味を満喫。 初のスロヴェニアだというのに、ふと中華料理屋を発見してしまったため、また行ってしまいました・・・。味は最高、量はイタリアよりもずっと多かった。 いよいよクロアチア!移動中にいろいろな所で豚の丸焼きを見かけたので、今日は豚肉。ポークソテーを干しイチジクのソースで。 イタリアと違い、一皿にたくさん載っていて、一品でお腹一杯に。牛肉のステーキと、クロアチア風?ニョッキのフライ。これがまたおいしい!

5/30 Day49
5/31 Day50
6/1 Day51
6/2 Day52
本日はニジマス料理。湖にたくさん泳いでいて食べたくなったので(^^。ガーリックソースをかけていただきます。 世界遺産の古都・トロギールにて。アドリア海のシーフードを満喫です!今日はイカのグリルと肉料理を頼み、母とシェア。 ホテルの側にある、とても素朴だけどおいしいシーフードレストラン。サーディンを頼んだけど、なぜかサバが。でも脂がのっていておいしかった〜!これで800円くらい。安い!! スロヴェニアの港町ピランのレストランで。フィッシュスープは日本人好み。魚介のリゾットも頼んで大満足。やっぱりシーフードはおいしいなぁ。

6/3 Day53
6/4 Day54
6/5 Day55
6/6 Day56
ヴィッラ・ブレッドの、レイクサイドのレストランで。写真はイカとセロリのクリームスープ。意外な取り合わせだけどびっくりするほどおいしい!前菜も主菜もおいしかった。 「無事にリュブリャーナへ戻ったら中華を食べに行こう」が今回のドライブ旅行の合い言葉。無事1500kmにも及ぶドライブから戻り祝杯をあげる。でも、杏仁豆腐を頼んだら炒め物が出てきてびっくり・・・。 スイス料理を食べよう!と意気込んでいたが、外に出る元気がなくて、ホテル内のイタリアレストランで済ませてしまった。久々のイタリア料理、あんなに飽きたと言っていたくせに、やっぱりおいしかった! ルツェルンから車で45分の所にある、氷河を頂くティトゥリス山頂でお弁当を広げる。残念ながら天気が悪くて周りが見えない(;_;せっかく3000mもロープウェイで上がったのだけど!

6/7 Day57
6/8 Day58
6/9 Day59
6/10 Day60
車内でお弁当を広げる。チューリッヒからウィーンまでをひた走るマリア・テレジア号は一等車にはパノラマカーも連結されている。 ウィーンと言えば!ザッハーの、ザッハートルテ。甘いモノが苦手な私でも知っている超有名ケーキ。甘いモノ大〜好きなAちゃんの為に購入。  牛肉のシチュー。オーストリアはドイツ料理に近いようです。大好きな目玉焼きも乗っていて、なんだかお得な気分(^^ ウィーンにはホンモノの日本料理屋さんが充実!2ヶ月ぶりの和食は、「くいしんぼ」の鍋焼きうどん。寒い日だったので心の体も温まりました! 

6/11 Day61
6/12 Day62
6/13 Day63
6/14 Day64
ベジタリアンレストランで、ラタトゥーユとクスクスを。こってり系のチェコ料理は明日挑戦するぞ・・・! チェコの伝統的な料理、ローストポークとザワークラフト、クネドリーキ。クネドリーキはオーストリアやドイツなどでも食べられている。  芸術家の家・ルドルフィヌム近くのレストラン、U Rudolfinaで。今までの2ヶ月で最もおいしかったかも!豚肉がこんがりと焼かれ、マスタードと西洋わさびをつけていただく。  うっかり懐かしくて、ギリシア料理の店へ。もう見たくもないと思ったフェタチーズが何だか食べたくて・・・。オーダーしたのはギリシアサラダに鶏肉が乗ったモノ。

6/15 Day65
6/16 Day66
6/17 Day67
6/18 Day68
夏のハンガリーでしか食べられないと言うさくらんぼのスープ。甘酸っぱくておいしい!食事の前にはちょっと・・・と思ったのですがあっさりとした絶品でした。 ハンガリー最大の市場、中央市場の二階で食べたロールキャベツ。中にはお米と挽肉が包まれている。伝統的な料理も食べられて安いのでオススメ! 薄く衣をつけて揚げたハンガリー風トンカツ、シェルテーシュボルダ。中欧諸国ではこうしたカツレツがよく食べられる。パンはパプリカがたっぷり入ったもの。 ハンガリーの代表的な料理、グヤーシュ。牛肉と野菜の煮込みスープに、サワークリームを浮かべて。具だくさんでおいしい!しかもパローツ料理バージョン。

6/19 Day69
6/20 Day70
6/21 Day71
6/22 Day72
またまたグヤーシュ。グヤーシュのベースはトマトではなくパプリカ。アツアツを頂くのが最高。はまってます。 大量の小さなポテトの上にジューシーな豚肉が。宿の一階のレストランで食べたのだけど、絶品でした! ルーマニア初の料理はやっぱりスープ。こちらもパプリカをベースにした牛肉のスープでハンガリーのグヤーシュによくにている。 こちらではこれらのスープをチョルバという。これはちょっとすっぱい肉団子のチョルバ。くせがあるがおいしい!サワークリームたっぷりのスープ。 

6/23 Day73
6/24 Day74
6/25 Day75
6/26 Day76
大のお気に入り、肉団子をあぶった料理、ミティティ。ミティティとスープにはまってます★ 本日もミティティとスープ、サラダ。スープにはサワークリームと唐辛子がついていて、これで味を調節する。今日は白豆とソーセージのチョルバ。 ルーマニア料理といえばこれ、サルマーレ。酢漬けキャベツを使ったロールキャベツで、ヘルシーな上にとってもおいしい。お気に入りの一品。 大好きなチョルバ(スープ)だが、これはダメだった。癖の強いチョルバ・デ・ブルタ。牛の胃袋スープで、ミルクと酢の匂いがきつく、私にはちょっと・・・。

6/27 Day77
6/28 Day78
6/29 Day79
6/30 Day80
ドナウデルタの小さな村・クリスチャンのペンションで。今日は川魚のフライ。大胆な酢漬けキャベツのサラダもいけていた。 クリスチャンの村にはレストランなどないので必然的に全食ペンションで。野菜は全てこのペンションの裏で取れたもの。おいしい! クリスチャンのペンションで出たデザート。何と甘いおかゆ!ルーマニアでもお粥を食べることにびっくり。甘いお餅や豆も入っています。 ブルガリア料理、夏の定番・キョーポル。トマト・ナスなどをつぶして味付けしたマリネサラダ。ギリシア料理にもあるけど、私の好物。 

7/1 Day81
7/2 Day82
7/3 Day83
7/4 Day84
同じくブルガリアを代表する夏料理・タラトール。ヨーグルトベースのスープにキュウリを刻んだシンプルなモノ。 ギリシア料理にもある、ムサカ。ポテトやお肉、トマトなどを重ね焼きしたモノで、ブルガリア版はヨーグルトが添えてある。さすがヨーグルトの国!  ビーフストロガノフのような牛肉のソテー。ルーマニア・ブルガリア共に味付けが薄味なので私にはちょうどいい。(他の国はしょっぱすぎ!) 豚肉のケバプチェ。挽肉を細長くまとめ焼いたモノ。私の大好きなルーマニアのミティティに似ているが食感が違う。ミティティ食べにルーマニアに戻りたいくらいミティティはおいしい!

7/5 Day85
7/6 Day86
7/7 Day87
7/8 Day88

Sorry! No Image...
これもブルガリアでよく食べられる、ショプスカ・サラダ。サラダに豪快にチーズがかけられているのが特徴。 トルコの代表料理・ケバブ。こちらはミックスケバブで、いろんな種類のケバブが一度に味わえた。 野菜と肉団子の煮物。トルコ料理は味付けがあっさりとしていて、日本人にも非常になじみやすい。 なすとひき肉団子のケバブ。なすが絶品です!!
(8日以降のデータをなくしたため写真をお見せできず。)

7/9 Day89
7/10 Day90
7/11 Day91
7/12 Day92

Sorry! No Image...

Sorry! No Image...

Sorry! No Image...

Sorry! No Image...
黒海沿岸の料理だという、トルコ風ピザ。細長い舟の形をしたピザはパリパリとした食感でおいしい。 オルタキョイ名物、巨大ベークドポテト。屋台で買っている日本人女性に(ずうずうしく)半分いただいちゃった! トラム駅・スルタンアフメットの目の前にあるケバブ屋さん。安くておいしいので、三日も通いました。 成田から「ジョイフル本田」内にある回転寿司屋へ直行!久々のおすしはおいしい〜!!夜は自宅で冷しゃぶ。これまた絶品。


リアルタイム旅日記・トップページへ

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと