ドブロブニク (クロアチア)

 イタリアの対岸にある、ドブロブニクは美しい城塞都市だ。紺碧のアドリア海に、オレンジのレンガ屋根が見事に生える。城塞内に敷き詰められた石灰岩は、長い年月を経て見事に研磨され、雨の日には月をも写す。

 ベストシーズンは初夏。冬は天候も安定しないし、せっかくの地中海がどんよりとしている上、結構寒い。夏は城塞の横で海水浴もできる。海の透明度は抜群だ。ここではウナギ、オイスターも有名。そのほか、シーフードをふんだんに使った料理を味わうことができる。

 ここもまた、ユーゴスラビアの内戦時に、戦火に包まれた場所であった。世界遺産に登録されている美しい町並みを眺めていると、ところどころ赤レンガの色が違う屋根があるのが一目で見て取れる。ここが爆撃されたところなのだ。城塞内に入る手前に、どこに爆弾が落ちたのかがわかる地図がある。

 

紺碧のアドリア海にオレンジの屋根が映える 海水浴スポット。さぞかしキレイだろうなぁ
メインストリート。この古めかしい建物の中に、
ブランドショップなどもあり、買い物も楽しい。
城塞内は車が禁止されていて、徒歩で城壁を
ぐるりと回ることができる。一周約1時間。
中世の甲冑を身に着けた騎士が、今にも飛び出してきそうな雰囲気だ イカ墨リゾットと魚介のパスタ。
新鮮でおいしい!
ドブロブニク市長を
表敬訪問したときのもの。

モドル

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと