洛陽

 中国の古都・洛陽。北京から寝台列車に揺られて約8時間。鄭州で下車、そこから二時間ほどバスに揺られてやっと到着。宿は一人\600の駅前の安宿。どんな宿でも、必ずお茶のポットがついており、お茶だけは飲めるのがうれしい。洛陽の名物料理は水席料理。野菜たっぷりのおいしい料理に舌鼓を打った。

 

巨大な岸壁を掘り、そこには何千という
壁穴がある
一つ一つに大小さまざまな仏さま
雨に濡れてうつくしい。
スゴイ数!!仏さま模様の壁面 仁王さま

万里の長城

せっかくなので、おまけで万里の長城をあげておきます。
よく知られているのが八達嶺長城で、観光客で非常にごった返してるとか。
私は敢えてマイナーな慕田峪長城にのぼってみました。
人が少なくて、万里の長城独り占め。オススメです!!
人がほとんどいないので、じっくり堪能できます はるかかなた、山の尾根に沿って長城は続いている。
洛陽の3日間だけ落ち合った
あっこと寝台列車で。
この長城には世にも不思議な
乗り物が。これでふもとまで
一気に駆け下りる。
北京・上海と中国茶を堪能。
中国茶にすっかり惚れて、
セットを買ってしまいました。

モドル

ホーム  旅のはなし  旅の記録  旅のランキング
旅の写真たち  愛すべきオミヤゲ  旅以外のこと